toggle
2019-08-16

ホルモンバランスが乱れる?30代からやっておきたい3つのこと

【サプリをのんだりするだけで女性ホルモンの乱れが整うとは限りません】

ホルモンとはまずどんなもの?

それは私たちの体の幾つかの箇所からそれぞれ必要な働きをするホルモンが運ばれて、免疫を上げたり、体のPHバランスを整えたり、女性は女性らしく、男性は男性らしくいられる機能が保たれています。

そのホルモンバランスを整える30代からやっておきたい3つのことをご紹介します。

 

1.夏でも室内では体を冷やしすぎず、首・手首・足首・お腹は、温めておく

この数年の暑い夏は、仕事中もお休みの日も室内にいる機会も増えているかと思います。

涼しい部屋で長時間過ごし、氷の入った冷たいジュースを飲んでいませんか?

それは体を冷やしすぎてしまします。”常温の水”か”白湯”に変えてみましょう。

2.水分は15分〜30分に一回こまめにとる

エアコンの温度は、28度くらいが体に負担をかけづらい温度です。

少し動きながら、じんわりと汗をかく。そしてこまめにお水を飲みましょう。

冷えすぎてしまった時は白湯を。

3.血を増やす食べ物をしっかりと摂る

薬膳でも言われているますが、胃が冷えてしまうと血のめぐりが悪くなって貧血にもつながってしまいます。

梅などのクエン酸や塩分の採れる食事もバランスよく食べて暑さに負けないように。間食にクコの実やナツメなど血を増やす食べ物を上手に取り入れていきましょう。

最後に

ホルモンバランスを整えるために30代からやっておきたいこと。

これから40代50代へと向かう前にしっかりとやっておきたいですね。

  1. 夏でも室内では体を冷やしすぎず、首・手首・足首・お腹 は、温めておくこと
  2. 水分は15分〜30分に一回こまめにとる
  3. 血を増やす食べ物をしっかりと摂る

ホルモンバランスが乱れてきている・・なんだか女らしさが足りなくなってきた・・などのお悩みの方に、参考にしていただけたら幸いです。

お客様からのお悩みとそれに対する情報など、LINE@で配信する予定です。よかったらこちらも登録してみてくださいね。今だけ、「メディカルアロマで作る 虫除けスプレーレシピ」をプレゼントします。

 

関連記事